転職に有利な資格5選!転職成功に導く資格取得方法について

転職に有利な資格 転職のポイント

転職活動においてそれまでの経験や知識を「カタチ」とする方法として、資格取得はまだまだ有効な方法です。

もちろん職務によっては特定の資格取得が必須の場合がありますし、簡単な資格ばかり羅列しても「資格マニア」「あまり人生計画的ではないのかな」と思われてしまうこともあります。

今資格が無いからと言って、やみくもに資格を取得せずに自分のキャリアに合った資格をとっていくことが大事です。今回の記事は、まだ資格を持っていない人が転職活動で有利になる有名な資格を5つご紹介します。

 

コンサル山田
コンサル山田

俺も今回紹介する資格で2つは持っているぞ。

 

秘書ひとみさん
秘書ひとみさん

1つ2つはあったほうが印象はいいですよね。

 

転職に有利な資格5選

資格取得は自分が関わる職種・業種にそって選ぶのが王道です。

とはいえまずはどの業界でそれなりに評価される基本的な資格を5つご紹介いたします。

 

TOEIC・TOEFL

TOEIC

外資系企業や海外に支店があったり海外と取引がある企業なら当然必要なのが英語系の資格です。

最近は海外取引がない国内企業でも「海外の最新情報」を入手するために英語ができる社員は重宝されます。

 

コンサル山田
コンサル山田

マネジメントクラスになってくると英語ができる・できないで応募できる企業数が2倍にもなってくるぞ。

 

数年前に楽天やユニクロを運営するファーストリテイリング社で社内公用語が英語となったのは有名ですが、今後ビジネスパーソンにとって英語は必須となってくるでしょう。

実際に上場企業ではTOEICを採用時の参考にする企業が半数以上になってきています。

 

将来のキャリアアップを考えると今から少しずつ英語関連資格の準備することをおすすめします。

 

 

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

語学と同じく、フロントオフィス・バックオフィスの双方で需要があるのが、PCの使用スキルです。

MOSはマイクロソフトオフィスのスキルを証明するための資格です。オフィスはほとんどの業種職種で活用されることから、獲得することに無駄はないでしょう。

ただしオフィスのバージョンによって試験・資格が異なることから、常に最新の資格を追いかけ取得するのはやや煩わしいです。

また若年層の転職活動ではアピールにもなりますが、経験を求められる年齢層ではアピール材料としては弱い資格となります。

 

 

ITパスポート試験

ITパスポート試験

 

MOSはオフィスというソフトに関する資格ですが、ITパスポートはIT全般に関する資格となります。

IT技術だけでなく、業務管理や経営戦力等「IT技術が実際に使われる状況」も含めた、幅広い内容から出題されるのが特徴となっています。

「簡単なPCスキルが必要」と書かれた転職の募集概要をよく見かけますが、「簡単なPCスキル」というのの幅は非常に測りにくいものです。そのような場合にITパスポートを保有していれば、まず「PCに関しては基本的な知識があるだろう」という判断につながります。

 

コンサル山田
コンサル山田

「エンジニアとして開発ができる資格」ということではないんだがIT全般に関する基礎知識の資格だ。

 

参考ITパスポート試験(独立行政法人情報処理推進機構)

 

 

ファイナンシャル・プランナー(FP)2級

家族構成や収入・支出、資産、保険など、あらゆるデータをもとに、個人のライフプランを立てるための資格です。

金融や保険、不動産等、BtoCの営業職の中でも、長期的あるいは多額の資産計画が伴う現場で有用な資格です。

3級は比較的楽に取れる資格と言われており、2級は取得までの勉強時間として100時間とも200時間かかる資格です。

1日2時間勉強しても3,4ヶ月かかる資格ですが、印象がよくなる資格ですのでコチラもおすすめです。

 

コンサル山田
コンサル山田

俺はもってないからどのくらいの難易度かは正確にはわからんが…面接する側としては勉強家という印象を持つな

 

 

日商簿記2級

簿記の資格はあったほうがいい

 

経理や総務、一般事務でも経理の一次的な作業を行うケースが多いことから、バックオフィスの転職を考える際にはまず取得したい資格が日商簿記です。

事務職だけではなく、営業系や予算を管理する管理職・マネジメント職で必要となってくるのが簿記の資格です。

こちらも2級となってくると難易度が高くなっきます。

経理などであれば2級はほしいところですが、営業などであればまずは3級でもあると知識としてもプラスになり日々の業務でも活かせるシーンがでてきます。

 

コンサル山田
コンサル山田

予算の管理で簿記の知識があったほうがいいな。あとは経営者と話すときなど基本的な知識として簿記の知識はあったほうがいい。

 

転職活動に資格は必要なのか

資格にはどんなメリットがあるの

 

転職活動に資格は必要なのでしょうか。

前述した通り、資格保有者のみ行える業務もあるので資格があったほうが就職先の選択肢は広がります。

「必須」までいかなくても募集要項の「歓迎項目」として資格が記載されている場合があります。資格を保有しているほうが有利になることのほうが多くなります。

 

資格を取得するということは自己研鑽に意欲的な人と評価される

資格を積極的に取得することで、自己研鑽・スキルアップに意欲的だというアピールにもなります。

社会人になると夜は帰宅したら寝るだけ、休日はダラダラ…そんな人が多くいます。

その中でも、自分の貴重な時間に新しい知識やスキルを手に入れるべく時間をかけて計画的に勉強をしている、というのは向上心の高い証拠です。

資格自体が業務に必要なくても採用担当者としては「できる人」としてプラスの評価につながるのです。

 

コンサル山田
コンサル山田

社会人になると勉強しなくなる人が多いからな。社会人こそ日々の勉強が重要なんだ。

 

 

資格が多すぎると自己PRがブレてしまう可能性も

資格が多いとブレることも

 

ただやみくもに資格を取得することが転職活動にプラスになるということではありません。

まず資格の取得が多すぎる場合、書類選考時や面接時にアピールが分散してぼやけてしまう場合があります。

極端な話ですが面接担当が履歴書を見た際に、20も30も取得資格が書いてあればやはりひとつひとつを精査することが難しくなりますし、また応募者がキャリアプラン上で何を考えているかその意図がつかみづらくなります。

 

また保有資格が専門的であるにも関わらず、異なる業種を志望する場合にはその資格がかえって転職の邪魔になることも考えられます。採用担当とすれば「なぜ異なる業界に飛び込もうとしているのか」がわかりませんし、なにより「またすぐに退職してもとの業種に戻るのでは」という不安を抱きがちです。

 

複数の業種を募集している場合は、応募者の希望とは異なり、資格が活かせる部署で採用となるケースも考えられます。こうなるとせっかく武器として手に入れた資格のせいで、希望とは違う部署に話が言ってしまうことでかえって邪魔になります。

 

 

転職活動に役立つ資格って

転職活動に役立つ資格の選び方

 

資格取得が転職によくも悪くも影響を与えるのは前述の通りですが、ではどのような資格を取得していけばいいのでしょうか。

まず資格の取得を漠然と考える前に、自身の経歴とこの先のキャリアプランとをしっかりと考えることが重要になってきます。

新しい仕事に取り組みたいと考えていても、それまでの経歴にない職種・業種への転職は原則として難しくなる傾向にあります。とくに年齢が上がってくると、それに反比例する形で転職が難しくなります。

 

厚生労働省「平成29年上半期雇用動向調査結果の概要」の「転職入職者の状況」を見ると、25~29歳の転職入職率が男性8.9%、女性8.6%なのに対し、30~34歳では男性5.3%、女性6.4%、35~39歳では男性4.6%、女性5.1%となっており20代より30代の方が、割合が低くなっています。
参考平成29年上半期雇用動向調査結果の概要

 

そのためある程度の年齢からの転職は、原則として前職と同じ業種あるいは職種を目指すのが通例となります。

上記を考えると、「現職の業務に近いところ」の資格を取得するのが基本となります。

 

たとえば経理ですと簿記や税理士の資格を目指すと良いでしょうし、海外との取引が含まれる営業職ですと外国語の資格や貿易実務資格、通関士の取得が有効でしょう。

 

資格取得は転職に有利となるだけではありません。現職在職のうちに資格取得ができれば現職でも年収やキャリアアップの可能性が出てきますし、転職の必要がなくなるかもしれません。

「業務に連続性のある資格の取得」はやはり有利になります。

 

コンサル山田
コンサル山田

自分のキャリアにあった資格であれば普段の業務の延長で資格の勉強も捗るぞ。

 

秘書ひとみさん
秘書ひとみさん

資格の知識が普段の業務にも活かせますね

 

 

転職に役立つ有名な資格5選 まとめ

以上、転職に役立つ有名な資格5選についてご紹介してきました。

転職活動で資格があるとどんなメリットがあるの?」でも説明いたしましたが、資格はあればプラスであることには変わりはありません。

ただキャリアアップを考えるとするなら、自分のキャリアに沿った資格をしっかりと選んでいかなければなりません。資格取得そのものが目的とならないように十分に注意しましょう。

 

コンサル山田
コンサル山田

もちろん資格取得を楽しんでいる人や取得資格数を増やすことを目的にしている方もいるから、それはそれでいいんだ。

 

資格によっては短期的な取得が難しいものもあります。複数科目にまたがって最短でも数年単位の年月を要する難関資格ものもあります。キャリアプラン・ライフプラン、また転職を考えるようであればその時期も含め計画的な取得を目指してください。

 

「社会人になると勉強する機会が減り、気がつくと何のスキルもないビジネスパーソンに」なんてことにならないようキャリアアップするなら日々勉強・自己研鑽は怠らないようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました