転職のポイント

伸びる業界へ転職して人生逆転!この先10年伸びる業界を一挙紹介!

伸びる業界に転職するのがビジネス人生を成功させるためには必須将です。もし今、衰退産業・伸び悩んでいる業界で働いているな、と感じている人は今一度「業界を選んで働く」ということについて考えてみてください。給料が上がらない・成長が感じられないのは、アタナのがんばりが足りないのではなく業界そのものが衰退している可能性があります。今回はこの先10年後、伸びていくであろう業界についてご紹介いたします。
転職のポイント

転職口コミサイトを徹底比較!実際に利用をして信用できる口コミサイトこの4つ

転職口コミサイトを実際に利用して徹底比較!転職活動を始めようとなった時に強い味方になるのが転職口コミサイト。実際にその企業で働いたことがある人の意見はとても貴重ですよね。でも、転職口コミサイトも今ではたくさんにあって、どのサイトを信用すればいいのか困ってしまいますよね。ここでは口コミに焦点を当て、口コミが信用できる転職口コミサイトをご紹介します。
フリーター

フリーターから正社員は今がラストチャンス!2019年最大の就職チャンスをつかめ

フリーターから正社員は今がラストチャンスです。「結局一生フリーターは生活が不安定」「フリーターのままだと結婚や老後などの考えられない」「責任のある仕事にもう一回チャンジしたい」など理由はいろいろあれど、フリーターから正社員を目指す人にとって求人倍率が上がっている今はチャンスなのです。ただ求人倍率は上がっているといってもフリーターから正社員への道は大きな困難もあります。企業求めているのは戦力になる人材。「戦力にならなければ人手不足でもいい」という考えの会社も大きのです。またフリーターの場合、生活がギリギリの人もいるでしょう。実際には仕事の拘束時間が長かったり経済的な余裕がないという理由から、なかなか就職・転職活動ができない、という人も多くいます。そしてずるずるとフリーターの期間が長ければ長いほど、正社員採用の可能性はどんどん低くなります。今回フリーターから希望の会社の正社員になるべく、「採用企業側が思っていること」と「フリーターが正社員を目指す時にアピールすること」をご説明いたします。
転職のポイント

転職回数が多いことは逆にメリットになる!採用企業が気にしている事を知り転職を成功させよう

転職回数の多さメリットに変えましょう。もはや誰もが転職するような時代で、転職回数も一度や二度なら問題ないのですが、転職回数があまりに多くなってくると転職に不利になるのは事実です。転職回数が多い場合、面接のたびに「なぜ転職を決断したのか」を、転職を複数経験されている方は「なぜ転職を繰り返しているのか」を説明する必要が出てきます。
業界別

未経験からIT業界へ転職!転職を成功させるために重要な6つのポイント

転職市場ではますます人気が高まっているIT業界。今後も伸びること間違いなしの注目の成長業界です。他の業界・業種から未経験でIT業界にチャレンジしたい!と思っている方も多くいます。伸びている業界なのでチャンスは充分にあるとしても未経験だと採用してもらえるかどうか不安になってしまいますよね。ということで今回、IT業界に未経験から転職するための6つのポイントをご紹介します。
転職のポイント

ブラック企業を見抜く方法!事前の徹底リサーチと面接でブラック企業は見抜ける

絶対に「ブラック企業」に入社することだけは避けなければなりません。世間的にはあまりに酷いブラック企業はSNSやニュースなどで叩かれる時代になりましたが、まだまだ隠れたブラック企業は山ほどあります。ブラック企業の見抜き方ご紹介します。
転職のポイント

35歳からの転職はこれまでの「経験」「強み」を活かし第一希望へ転職しよう

以前は「転職限界年齢は35歳」などと言われていたことがありました。しかし有効求人倍率が伸びている現在、新卒採用だけでなく転職においても売り手市場の追い風を受け、若手だけではなくミドル世代の転職が増えています。ビジネス経験豊富な30代は伸び盛りの企業にとっては喉から手がでるほど欲しいのです。35歳を超えて転職活動をする際のポイントについて取り上げます。
転職のポイント

自分に合った仕事『天職』を見つけよう!天職に巡り会える4つの方法とは

自分に合った仕事、すなわち自分が「天職だ」と思える仕事を見つけられることほど人生において幸せなことはありません。会社員ともなると週に5日、1日8時間以上を仕事に費やしています。起きている時間の大半を仕事に費やしています。仕事が自分に合っているかどうかで人生の充実度合いが決まってしまうと言っても過言ではありませんよね。今回は自分に合った仕事の見つけ方をご紹介します。もし今の仕事が合っているのか不安に感じているのなら、ぜひ一度手を止め、自分の仕事についてゆっくり考えてみてください。